渋谷区の動物病院。Rire(リール)
*経穴:身体各所にある診断、治療に用いる気を
   発するポイント

                       *経絡:気の流れるルート
  Rire's中医学サービス
本文へスキップ

○○町の○○○科クリニック。Rireです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-5453−0083

〒151-0064 東京都渋谷区上原2‐28‐8 久米プラザ1B

クリニック案内中医学

中医学(東洋医学)

院長写真

西洋医学:ギリシャ医学やエジプト医学など
東洋医学:中国医学(中医学)、インド医学、
     皇漢医学(日本)、チベット医学など

中国医学(中医学)】
『身体は唯一不可分』、『心身一如』、『身土不二』
つまり心と体、環境は切り離すことが出来ないという考えの医療です。
天人合一という思想が古代から中国では哲学概念としてありますが、自然界もそこに生きる動物も人も、同じ法則、原理に一致します。

陰陽論や五行論、五臓、基本物質(気、血、津(液))、経絡
                           穴
*を考え治療を行っていきます。

                           中医学(東洋医学)三大療法として、
                           中薬(漢方)、鍼灸、推拿・気功があげられます。

                           

陰陽学説

陰陽は中国の古代思想に基づいた概念で、
『事物は全て陰と陽の対立する性格を持つ二つに分けることが出来る』 という考えから陰と陽に分類されています。

陰と陽は単独では存在しえないものであり、
万物はすべて変化し互いに関連し(例:四季の変化)制御し合っています(例:火⇔水)。
また、陰が極まれば陽となり、陽が極まれば陰となります。
太極図がまさにそれらを表し、どこをとっても必ず2つが存在します。
※動物は人よりも陽の気が多いと言われています。

院長写真











五行学説

院長写真

【五行学説とは】
森羅万象すべてを「木・火・土・金・水」の5元素に分類した考えです。
この5つが持つ性質や特徴に、
自然に存在するすべてのものを当てはめて分類しています。

今から数千年前に書かれた中国最古の医学書である『黄帝内経』でも 、五行学説が基本的な考え方のひとつとして診断や治療に生かされてきました。
五行の「行」という字には、巡るという意味と秩序という意味があります。


木・火・土・金・水それぞれが自然に助け合い、 また、抑制しながらバランスをとっています。
このバランスが崩れると自然界では天災・災害、生体だと病気 につながります。
                           中医学(東洋医学)では、人を大宇宙である自然に対応した小宇                            宙と捉え、体が一つの統一された生体で人・動物と外界、自然環                            境と密接な関係があります。



五行学説と体の関係

院長写真
























例えば・・・
 脾臓が弱っている時は適度な甘味が必要ですが 甘いものを食べすぎると脾臓を傷めます。
 ※脾臓は西洋医学では造血と関与しますが 東洋医学では消化吸収と関与します。


五行学説と心の関係

 怒:怒り過ぎると肝を傷める 肝が弱まると怒りやすくなる 
 喜:喜び過ぎると心神を傷める⇒不眠、認知症  心が弱まると喜ぶ
 思:思慮し過ぎると脾を傷める  脾が弱まると思慮深くなる
 悲:悲しみが続くと肺を傷める  肺が弱まると悲しみやすくなる
 恐:驚・恐とも過ぎると腎を傷める  腎が弱まると恐れやすくなる

※その子の生まれ持った性質から、弱い箇所が分かります。
Rireでは、ワンちゃんネコちゃんの性格や今の状態、生活習慣から心と体の気のバランスを診ます。

気とは


院長写真


【気とは】生命、万物を構成する基本物質。
先天の気:
 生命誕生時に父母から先天の気を命門(左右腎臓の間)に受けます。
後天の気:
 先天の気の減少するのを、後天の気(飲食物、空気の気)で補います。

【気の作用】
                        血液や水分を体に巡らす(推動作用)
                        外邪(風、寒、暑、湿、燥、火)の侵入を防ぐ(防衛作用)
                        体液(汗、水、血液など)が漏れ出るのを防ぐ(固摂作用)
                        内臓や体を温る(温煦作用)
                        物質を変化させて新たな物質を生成(気化作用)


歴史のおはなし

院長写真

【経絡経穴の発見】
・胃が痛い時に胃の辺りを撫で温めたら治った。
・足を揉んでいたら胃痛が治った。
 ⇒経穴、経絡を見つけ現在の中医学(東洋医学)で使われています。

【 鍼治療の発見】
 古代腰痛持ちの狩人がある時、狩猟の際に大けがをして大出血。
 その後腰痛は治り、以後石の針を用いて、身体に刺したり、切ったりして治療 を行うようになりました。

【 灸治療の発見】
                    古代今の湘南省に体の弱い村人がいて、風邪をひいてはすぐに喘息、肺炎に…
                    ある時、炊事をしていて火傷をしてしまいました。
                    薬草を使って治療し、火傷が治ったら体が丈夫になり 体の一部を火傷させるこ                    とで免疫が向上する事を発見。
                    ヨモギの葉の裏の毛を集めて燃やしたら心地よい熱と判明。これが灸です。
                    (動物は熱い思いをしたら嫌いになってしまうので心地よい温度で行います)
                    
                   『七年の病に三年の艾を求む』ということわざがありますが、 灸は温熱効果や補                    気(気を補う)作用だけではなく、艾に含まれるシネオールという物質には抗炎                    症作用(炎症を抑える)があり、炎症を抑える効果も期待できます。
                    また、香りによる鎮静効果もあるとされています。


              











Rire Animal clinicRire

〒151-0064
東京都渋谷区上原2‐28‐8 久米プラザ1B
TEL 03-5453−0083
FAX 03-5453−0083